3年4ヵ月前に、旦那の彼女の存在を知った→旦那『3年過ぎたら訴えられないぞ。時効だ』私「別の事で訴えます」→結果…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

だから
「精神的苦痛」
「婚姻関係が破綻したことで生じた精神的苦痛」
「名誉毀損」
「貯金の使い込み」
等々で訴えた。

弁護士の先生から
「3年4ヶ月前に交際相手の存在だけ知っており、
名前や住所が把握できない場合には
事実上慰謝料請求が不可能なため、
時効期間のカウントは開始されていない。
あくまで名前や住所を知ってから3年」
と教えてもらい、
時効が成立していないと知ったので
改めて不貞でも訴えた。

スポンサーリンク

夫も交際相手も
時効が成立していると思いこんで勝ち誇っていたから、
自分からペラペラしゃべってくれて証拠は充分だった。
裁判になった途端、貝のように無口になったけど。

裁判は平日に行なわれるため
夫も交際相手もそのたび会社を休まねばならず、
(私はシフト制なので事前申告すれば大丈夫)
最初は有休で何とかしていたようだが
有休を使い果たした+二人同じ日にばかり休むので
不審がられ、最終的に「出廷するので休む」と白状し、
社内交際がばれた。
裁判をすっぽかしたらその場で負け決定だから
出ないわけにいかないしね。

裁判は問題なくこちらが勝った。
子供は18歳を過ぎているので本人の意思により
親権・養育権は私。
夫は支社内で左遷。窓際決定。交際相手は僻地へ異動。
仲人してくれた夫の元上司が
「俺の顔に泥を塗った」と激怒し、
二度と部署に戻させないそうだ。

一度だけ夫からロミオメールとまでいかないが、
「今どうしてる?寂しくないか?」
と探るようなメールが来たが
夫と交際相手が交わしたラリメール
(夫=だでぃ 交際相手=ぴぴっち
と呼び合っているゲスい内容)をコピペして返したら
その後音沙汰はない。

みなさんはどう思いましたか?

スポンサーリンク