旦那が癌で余命宣告された。旦那『俺の他界後について話し合おう』→奇跡的に回復した結果…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫は癌で余命宣告までされたんだけど、
そこから奇跡的に回復して今は普通に生活してるのね

ただ、闘病当時の夫が恐かった

私を含め周りのみんなは夫のシに対して覚悟を決めて
悲しみのドン底にいた
私もよく泣いてた

だけど夫本人は平然としてる
「泣いて病気がよくなるわけでもないだろう」
「しぬときはしぬししょうがない」とドライすぎた

それが不気味すぎて、今でも思い返しては
「この人おかしい…」という思いが巡ってしまう

シを目の前にして感情的にならないとか
人間味がなさすぎる
サイコすぎる

なんにせよ本当に恐い
夫は昔から理性的な男で、私もそこに惹かれた
だけど最期の時くらい感情を剥き出しにするのが
普通の人間だよね
そんな状況下ですらドライな夫は、
理性的とかじゃなくて感情が無いだけなんじゃ

みなさんはどう思いましたか?

スポンサーリンク