父『その男との結婚はやめておけ』私「無視」→旦那「女の分際で二度と俺に逆らうな!」→父に結婚に反対した理由を聞いたら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

(元)夫は結婚した途端に
豹変するタイプの男だった。
式を挙げるまでは本当に優しくて、
色々気遣ってくれて頼もしい人だったのに
キッカケになったのは新婚旅行先で。

私が止めるのも聞かずに
自分を見失うぐらいべろんべろんに酔っ払って
翌日ツアーバスの中で盛大にリバース。
咄嗟に私のジャケットを広げて受け止めた。
幸い他のツアー客に掛かることは
無かったけど、ご迷惑を掛けた。

当然観光できる体調じゃなくて
ベンチで休んでた時に
「だから止めたのに。飲みすぎだよ」
と軽く注意したら「俺に指図すんな!」
って叩かれた。

それからは他のツアー客の前でも
平気で私を罵り、叩いた。
「女の分際で二度と俺に逆らうな」と。怖かった。

スポンサーリンク

回りはみんな幸せそうな
新婚旅行カップルばかりだったから惨めだった。
成田に戻ってきた時には
既に離婚の2文字が頭にあった。

実はその結婚は私の父が反対していた。
私と父は性格がよく似てて、
よく反発してたので聞く耳を持たずに結婚。

ちっぽけな意地があったので
離婚したいけど父に会わす顔が無いと迷い、悩み、
でも結局最後は父を頼るしかなかった。

夫が結婚後初出勤したあと
荷物を纏めて実家に帰った。
父は会社に行ったあとで、
母と祖母が迎えてくれて、
母が連絡して父がすぐ戻ってきた。
母の顔をみても涙が出なかったのに、
何故か父の顔を見たら涙が止まらなくなった。

式の数日前に入籍を済ませていたことを
どれだけ悔やんだことか。

とりあえず離婚を前提に話をしたいと
夫に言っても逃げて逃げて一向に話ができない。
話し合いにさえ応じない夫に
更に失望して離婚をハッキリと決心して
一旦新居に戻り、荷物を全て引き上げた。

住所も実家に戻して、
弁護士を立てたて話し合おうとしたが
応じず調停。

夫はDV(この言葉は当時は無かった)を認めず
私も証拠を残すという発想がなかったので証明出来ず、

調停員からは
「奥さんもちょっと神経質なのかもしれませんね」
「もう一度出直してみてもいいんじゃないの?」
と夫寄りだった。

不調に終わって裁判になって、
なんやかやで一年かかってようやく離婚。
それが20年前の出来事。

先日、長い闘病の末に父が亡くなった。
病室で一度父に、元夫のなにがダメだと思ったの?
と結婚に反対した理由を聞いたことがある。

そしたら「男親には野性のカンってもんがある」
と言われた。

20年前、もっと父のカンを信じて
素直に従っておけばよかったw

みなさんはどう思いましたか?

スポンサーリンク